目元のちりめんジワ対策~化粧水で消すのが危ない!
  1. トップページ
  2. タバコでちりめんジワが増える!禁煙で目元を若く

タバコでちりめんジワが増える!禁煙で目元を若く

日本人の喫煙率は減少していますが、逆に女性の喫煙率が増えているようです。

タバコの害はいろいろ言われますが、やはり血行不良というのが女性にとって大きいのではないでしょうか。

目元の血管は非常に細く、かつ網目状に張り巡らされています。そのため血行不良の影響を受けやすく、目元に新鮮な血液が回らなくなります。

女性の目元は元ももと男性より薄く弱いため、タバコの血行不良がモロに影響します。

クマ、シワ、たるみなどです。

特にクマとシワの軽いタイプであるちりめんジワは顕著。女性はメイクをするためどうしても目元への皮膚摩擦が増えます。そこにタバコの血行不良が加わるのでなおさらです。

では禁煙すればちりめんジワが消えるのかというと、そう簡単に消えません。

禁煙するとしばらくタバコを吸えないことによるストレスが続きます。このストレスがまた血行不良の原因となります。ちりめんジワができたてから禁煙すればまた元に戻るとはならないんです。

時間が経てばちりめんジワが消えてくれる可能性はあります。しかし禁煙を始めた年齢にもよるでしょう。20代より30代、30代より40代のほうが肌老化は進み、回復力も大幅に落ちます。ただでさえ老化していく肌にタバコの害が加わるので、仮に禁煙しても思ったほどちりめんジワが消えないということに。

非喫煙者でもクマやちりめんジワに悩んでいる人は非常に多いです。やはり血行不良という問題が現代人には多いからです。スマホやPCなど目を酷使し、首の固定化や歪みなどが生じやすい環境にあるからです。

特に気をつけたいのは20代の女性喫煙者。今はいいのですが、30代に入ると非喫煙者との差が大きく広がります。吸う本数にもよりますが、ヘビースモーカーはちりめんジワどころか深いシワも出てくることがあります。

いくらセラミドで角質層の保水力を上げても、内部からの肌細胞成長が見込めないとちりめんジワは消えません。優秀なケア効果も打ち消してしまうのがタバコの害です。今良くても、あとで後悔することになるのでくれぐれも吸い過ぎには注意!

原因